Google WWW を検索 サイト内を検索
メッセージ 一枚の布地に命を吹き込む、「匠の技」を次代の人に。

全国で初めて卓越技能章「現代の名工」を受章した前総長、故松永忠夫の技能を継承します。

着物の作り手である私たちが一忘れてはならないのは、それを着る人の気持ちになって仕事に取り組む心構えです。

そのためには柄の配置から、裁断、縫い、そして仕上げにいたるまで、細心の注意が必要です。そんな和裁の心と技術を高めていくには、よき指導者について、自分の能力を引き出し、磨いていくことです。基本的な練習の反復から、一枚の布地を自由自在にあやつれるようになるまで、和裁プロヘの過程は決して平坦なものではありません。目的に向かって、こつこつ努力することが必要です。これから和裁の世界に入ろうという方に、この努力することと楽しさを教えていくと同時に、私は特に「和裁の心」というものを深く浸透させていきたいと思っています。

本学院は実技指導を中心に、少人数による徹底した教育を実践、職業和裁教育では日本一と自負しています。和裁は、女性の一生の仕事として高価な財産となります。

あなたも本学院で学び、4年間で和裁のプロとして自立してください。

松永慶 OS和裁専門学院学院長
大阪市技能職団体連絡協議会元会長
大阪和服裁縫協同組合元理事長
大阪府認定職業訓練校運営協議会副会長
(社)日本和裁士会 元副会長
1936年(昭和11)大阪市に生まれる
大阪府立高津高枝、慶應義塾大学法学部卒 (株)大丸奉職の後、昭和38年より和裁の道に携わる 一級和裁技能士、職業訓練指導員 昭和61年大阪府知事より産業功労章 昭和62年労働大臣表彰(職業訓練功労) 平成9年労働大臣表彰(技能検定功労) 大阪市民表彰(産業・消費経済功労)
平成25年11月 瑞宝単光章 綬章
松永富夫 OS和裁専門学院副学院長
(社)日本和裁士会会員
1967年(昭和42年)大阪市に生まれる
近畿大学商学部卒 三崎商事(株)奉職の後、平成4年より 東京草川和裁学院で5年間にわたり和裁修業 職業訓練指導員、職業和裁技能検定1級、和裁教員免許
平成13年11月8日 大阪市青年優秀技能章

主な得意先