Google WWW を検索 サイト内を検索
技能フェア・コンクール

一生モノの仕事を手に入れる。
OS和裁の少人数制&実技指導

着物の名称をどのくらいご存知ですか?

本学院ではまず着物を知ることからはじまります。例えば、学科講習では、部分名称にはじまり、和裁の基礎をみっちり学習します。男物や女物、子供物での長襦袢の違いや、衿の種類、取り扱い方などにもついて学びます。その他、着付けの授業もあり、着物の一般知識・常識を習得していただきます。

百年の伝統と実績があります

OS和裁専門学院の前身は1905年(明治38年)、初代松永富五郎によって創設された松永和裁裁縫所。以来、職業和裁の技術指導に全力を注ぎ、あくまで和裁のプロ養成をめざして、実技を中心とした指導方針を頑なに堅持しています。

1学年10名以内の少人数制です。

本学院では、毎年新入生を10名以下に限定しています。多人数の教育では、きめ細かな指導ができず、プロを育てるのが困難なためです。

国家試験合格率 99%です

3級・2級和裁技能士の合格率は、毎年99%を誇っています。

この表彰実績が証明しています。

本学院の学生は、在学中に数多くの表彰を受けています。
厚生労働大臣、農林水産大臣、中小企業庁長官、経済産業省生活産業局長、経済産業局長、知事、市長、商工会議所会頭、百貨店協会長、日本繊維新聞社長、学院長の表彰のほか、教員として学院に残った人も知事、和裁組合理事長、日本和裁士会長などの表彰を受けており、本学院の技術の高さを証明しています。

主な得意先